5月吉日 上棟式を執り行いました

地鎮祭は、その土地の神様に土地を使わせてもらうことの許しを得て、工事が無事に進むように祈る儀式であるのに対し、上棟式は家が完成した後も、建物が安全であることを願うために行われる儀式であり、棟梁や大工さんなど、関係者に感謝を表します。この日は、昼から予報通りの大雨でしたが、棟梁が棟上げ作業に入ると雲がとれて青空が広がり、日が差し込みました。このような神事のときの雨は浄化の雨といわれ、大変縁起の良いものとされています。屋根下の中心となる柱に、心を込めて紅白幕を棟梁が飾り付けます。鳥の囀りも聞こえています。上棟式を執り行い、御祈祷も全て整ったところで空気がひんやりしてきたかと思うと、再び雨が降ってきました。この瞬間、お不動様の力というか、神火を感じ身震いしてしまいました。施主様のお気持ちが伝わったのですね。